診断でうつ病が発覚したら~前向きになれる魔法~

身体的な症状

考え事

再発しやすい病気です

うつ病は、精神面だけを脅かす病気だと思われがちですが、決してそうではありません。精神面だけでなく、身体面にも影響を及ぼし、夜もぐっすり眠れず睡眠障害を起こす原因となります。また、睡眠不足になるので、常に倦怠感や疲労感を感じてしまいます。疲れが身体に溜まってしまうので、めまいや耳鳴りを起こす場合もあります。食欲もなくなるので、栄養が摂れず、健康な体づくりに影響を及ぼします。その他にも、口の渇きや肩や首などの凝りがひどくなる人も多いです。腰痛や腹痛を起こす場合もあり、腹痛のときは下痢や便秘になります。尿意が近くなり頻尿の症状も引き起こされます。症状が悪化してしまうと、男性の場合、EDを引き起こし、女性は月経不順になってしまいます。

うつ病かもしれないと思ったら

うつ病は精神面には特に異常がなく、身体面にだけ影響が出ることがあります。その反対の症状もあり、精神面だけに異常があると、仮面うつ病と診断されます。気持ちが滅入る、何をするにも億劫になるといった精神面での症状がない場合でも、下痢や便秘、腰痛や腹痛、肩や首のこりなどの症状があれば、仮面うつと診断されることもあるので、検査を受けましょう。身体面の不具合から、うつ病が分かるケースもあるのです。ただの下痢や便秘だと思っていた場合、市販薬で改善を図ろうとしますがなかなか症状が良くならないものです。そうした場合は、仮面うつ病と診断される可能性があります。総診断されたなら、うつ病の治療法で改善することができます。

まずは身近病気と捉えることから

うつ病の注意点は、再発しやすい点です。そのため、症状が治ったと思っても医師の指示に従って通院や服薬を継続します。また、処方された薬は必ず服用します。 うつ病は、精神科やうつ専門のクリニックで治療します。その治療期間は、長期的になりがちです。ゆえに、症状の改善がみられた場合や、具合が良い状態が継続していると通院がおろそかになりがちです。しかし、うつ病はきっかけがあればいつでも再発や悪化の恐れがある病気です。よって、医師による服薬指導やカウンセリングを継続的に実施する必要があります。そして、確実な完治を目指します。 また、自己診断のみでうつ病と思いこまないように注意します。その思い込みが、精神障害と判断されるケースもあります。

うつ病について知っておくと良い情報は、自己診断ができることです。その診断方法は、質問の問いにイエスかノーで答えるだけです。質問の内容は、「楽しい気分になることがあるか」や「気分が落ち込むことが頻繁にあるか」などです。判定結果は、「問題なし」から「注意」までのいくつかの段階に分かれています。自己診断チャートは、その作成者によって質問に多少の変化があります。しかし、おおむね同じような内容です。深く考えずに、できるだけ直感で回答するとより正確な判定結果が出ます。 自己診断でうつ病や要注意と判断された際は、出来るだけ早く精神科やうつ専門のクリニックを受診します。うつ症状は、自然治癒しないうえに放っておくと悪化の一途をたどります。

うつ病は大変苦しい病気ですが、周りだけでなく自分でも気付かない事がある怖さがあります。 早期診断による発見で早めの対処が出来るような環境の確保が求められていると言えます。 その為には、うつ病が風邪とおなじように一般的なものであると広く認識が改められる必要があります。 くしゃみが出たり咳き込んだ時には、まず風邪を疑うのが普通です。そうして薬を飲んだり病院に行くなどの対処をするのが当たり前です。 うつ病もそのように、簡単な自己診断をして対処出来るようになるべきものと言えます。 ちょっと思い当たる事があったらWEBで自己診断をしたり、気軽に病院で診断してもらっても良いのです。 うつ病が身近なものと皆に認識されればされる程、うつ病の問題は解決に近付くのです。