診断でうつ病が発覚したら~前向きになれる魔法~

精神療法を受ける

診断

うつ病と診断されたら、精神療法が行われます。精神療法とは、医師との往診の中で自分の考え方や行動、性格などを見極める方法です。これにより、なぜうつ病になったのかを理解していきます。また、医師の助言などを通し偏った考え方からの脱却を図り、自分の感情をコントロールできるようにしていきます。うつ病と診断されるのは、何もやる気が起こらない、注意力がなくなるなどの症状から判断されます。精神療法では、こうした症状を改善して気力を復活させていきます。

精神療法を行うのは、うつ病の症状が良くなり始めた場合に行われることが多いです。症状が良くなり始めたころに行えば、再発を防ぐことができるからです。医師は患者の話を聞いて、患者が日頃から抱えている不安や悩みを理解したうえで改善できるようにアドバイスをしていきます。偏った考えをしてうつ病にならないように、考え方を変える「認知療法」も行います。それ以外にも「行動療法」を行います。行動療法とは、行動を起こすための目標を設定して、それを成し遂げられるように行動し、最後に達成感を得られるようにする方法です。人間関係によるうつ病だと診断された場合は、「対人関係療法」が行われます。人とどう関わっていけばよいのか、他人との距離の取り方などを知り、改善を図っていきます。医師は、患者がなぜうつ病になったのか原因を追究し診断して、その人に合った方法で「認知療法」や「行動療法」「対人関係療法」などの的確な治療法を行います。