診断でうつ病が発覚したら~前向きになれる魔法~

再発防止をする

喜び

うつ病と診断されても、休養や精神療法、薬物療法などで改善することができます。しかし、うつ病を治療しても再発しないとは限りません。せっかく完治したうつ病を再発させないためにも、日頃の生活で気をつけておいたほうがいいことを紹介します。まず、うつ病の大敵はストレスです。ストレスを感じることが多い状況の場合、うつ病と診断されるケースが多いです。ストレスを感じる状況が続く場合や、改善策が見つからない場合などは、一人で解決しようとせずに医師に相談しましょう。自分でできる方法としては、リラックス法を持つことです。ストレスを感じたら、スポーツや趣味などでリラックスを図り、上手に発散させましょう。規則正しい生活を続けるのも、うつ病予防になるので早寝早起きを心がけ行うと再発しません。また、食事も栄養バランスを考えた健康な食事をすると高い予防効果が得られます。

うつ病と診断されないためには、まず自分の考え方や性格の傾向などを理解しておくことが必要です。自分で自分のことをよく知っておきましょう。自分の性格を知っておくことで、自身をコントロールできるようになります。完璧主義にこだわらず、自分の限界を知っておくことも重要です。すべてのことを器用にこなそうと思わず、できることとできないことを分けて考えて、自分を追い詰めないようにして下さい。うつ病と判断される人の多くは、完璧主義の性格が見受けられます。なんでも上手にこなそうと思うあまり、ストレスを抱えてしまうのです。診断されても、落ち込むこと無く前向きに治療に挑めば早急な改善が見込めます。